ウォーターサーバーでそのまま赤ちゃん用ミルクが作れる?

赤ちゃんに飲ませるミルクの量の適量は?

赤ちゃんに飲ませるミルクの量の適量は?
はじめてお母さんになる人は、1日にどれくらいあげればいいのかわからない人が多いでしょう。あらかじめ目安の摂取量を頭に入れておくことで、赤ちゃんにとってちょうどいい授乳ができます。もちろん、あまり飲まなかったり、求められすぎたりと普通と少し違うだけで不安になることもありますが、個人差があるということだけは心にとどめてください。

 

新生児に与えるミルクの量と回数

まずは、生まれて間もない新生児に与えるミルクの量と回数をお話します。どのくらいの赤ちゃんを新生児と呼ぶかというと、一般的に生後4週間までを呼びます。では、毎日顔つきが変わってくるこの時期は、どのくらいのミルクを与えればいいのでしょうか?

ミルクの量は生まれてから少しずつ増えていきます。生後7日目までは、生後日数に10mlを掛け算した量に、10mlを加えた量を1度の授乳で与えます。例えば、生後1日目は10ml+10mlなので、20ml、2日目なら2×10ml+10mlなので30mlとなります。1日10mlずつ増やし、7日目には1回に80mlを与える計算です。

生まれて1週間は3時間ごとに授乳を行うので、1日に8回の授乳が目安となります。そして、7日目以降2週間までは1回80mlのミルクをキープし、1日7回を目安に授乳を行います。生後2週間から1ヶ月までは少しミルクを増やしましょう。1回の目安は100ml~120ml、1日7回を目安に与えます。

しかし、母乳は消化がいいので赤ちゃんのお腹は空きやすいです。お腹が空いて泣いている場合には、回数や授乳間隔を気にしすぎず授乳をしましょう。

 

月齢別ミルク摂取量と回数

月齢 摂取量 / 回 回数 / 日
生後~1ヶ月 80ml~120ml 7回
生後1~2か月 120ml~160ml 6回
生後2~3か月 120ml~160ml 6回
生後3~4か月 200ml 5回
生後4~5か月 200ml 5回
生後5~7か月 200ml 5回+離乳食1食
生後7~9か月 200ml 5回+離乳食2食
生後9~12か月 200ml 5回+離乳食3食

 

母乳とミルクを与える場合

お母さんによっては、母乳だけ与える場合もあれば、ミルクだけの場合や母乳とミルクを混合して与える場合もあります。母乳はあげずにミルクだけを与える場合、上記の回数や摂取量を守るのが基本です。ただし、赤ちゃんの大きさや成長は個人差があるので、体重増加や哺乳力を確認しつつ、調整することが必要です。

母乳とミルクで育てる場合は、母乳を好きなだけ飲ませてあげましょう。母乳が出ないのにも関わらず、欲しがるときには様子を見ながらミルクを20mlくらいずつ与えます。

赤ちゃんの成長スピードは、はじめてお母さんになる人にとってものすごく早いものだと思います。しかし、他の子はこうなのに自分の子は…とか、平均や目安に縛られてしまうと、お母さんの不安は募るばかりです。摂取量や回数はあくまでも目安。赤ちゃんが「お腹が空いた」と泣いている時には、しっかりミルクを与えてあげましょう。

 

ミルクが足りないのではないかと不安な時

ミルクを飲む量よりも体重に気をつける

赤ちゃんを育てる際は、ミルクを飲んだ量ばかりを気にしていてはいけません。生まれたての赤ちゃんは、口に入ってきたものを強く吸う吸啜反射により、おっぱいをあげれば飲み、疲れたらやめます。しかし、2か月くらい経つと疲れたら飲むのをやめていた赤ちゃんが、満腹になったら飲むのをやめるようになります。

そうなると、今までよりも飲むようが減ったのではないかと不安になるお母さんが多いです。ミルクを飲む量が少ないと、成長が遅くなるのでは?と思いがちですが、チェックするポイントは体重が増えているかどうかです。だいたい1週間おきぐらいに赤ちゃんの体重を測るようにしましょう。そこで体重が少しずつ増えていれば、赤ちゃんに合ったミルクの量を与えられているということなので、安心してください。

 

ミルクが足りているかの確認ポイント

はじめてお母さんになると、安心しても大丈夫と言われてもやっぱり心配な気持ちは尽きません。体重の増え方だけではミルクが足りているかどうかやっぱり不安という方のために、いくつかミルクが足りているかどうかを確認するポイントをご紹介します。

 

機嫌をみる

赤ちゃんが起きているときの機嫌を見てください。がんばってあやしても、なかなか機嫌がよくならずグズってしまう場合はミルクが足りない可能性があります。赤ちゃんの機嫌が良いのなら満腹で満足しているので、ミルクは十分に足りているということなので問題ありませんが、機嫌が悪い場合にはミルクをもうちょっとあげるなど、調整してみましょう。

 

排便の回数

排便の量や回数は日頃からチェックしておくとわかりやすいのですが、排便が通常よりも減っていたらミルクが足りていない可能性があります。体重が増えず、排便も少ない状態であれば注意をしましょう。

 

授乳の感覚

生まれたばかりの赤ちゃんには3時間おきにミルクを与えるのが目安となりますが、飲んでまもなく泣いてしまうときもミルクが足りない可能性があります。最初はなぜ泣いているのか判断つかないかもしれませんが、泣いているのは空腹のサインでもあるので様子を見てミルクを与えてみましょう。

 

おわりに

赤ちゃんが生まれて、お母さんはミルクを与えるのが最初のお仕事です。しかし、はじめて子育てをする方にとっては、ミルクを飲み過ぎても飲まなさすぎても不安になるでしょう。摂取量や回数を目安に、赤ちゃんのペースに合わせてミルクをあげるようにしましょう。

売れ筋ランキング
コスモウォーター
うるのん(やわらか水)
アクアクララ
アーカイブ
カテゴリー
キーワード
Top