ウォーターサーバーでそのまま赤ちゃん用ミルクが作れる?

赤ちゃんにミルク以外の飲み物はいつからあげる?

赤ちゃんにミルク以外の飲み物はいつからあげる?
赤ちゃんは通常、母乳やミルクで水分を補給します。しかし、いつまでもミルクで水分補給をするわけにもいきません。そこでお母さんたちが疑問に思うのが、ミルク以外の飲み物はいつから与えていいのだろう?ということ。今回は、ミルク以外の飲み物を与えるタイミングと、飲ませてもいい飲み物についてご紹介します。

 

いつからミルク以外の飲み物を与えるか?

赤ちゃんは生まれてから離乳食がはじまる6ヶ月くらいまでは、母乳やミルクのみの水分で問題ありません。赤ちゃんにとって必要な水分も栄養も、母乳やミルクにはたっぷり含まれているからです。本格的にミルク以外の飲み物を与えるのは、生後6ヶ月以降と考えて良いでしょう。

生まれてから生後3ヶ月まで

生後から3ヶ月までは、完全に母乳やミルクのみを飲ませてあげてください。それ以外の飲み物は、特に考えなくて問題ありません。

母乳育児のご家庭は、赤ちゃんよりも、母乳を作るお母さん側が水分不足にならないように考えることのほうが大切です。お母さんが寝不足や疲労が溜まってしまうと、母乳の出が悪くなってしまう可能性があります。また、赤ちゃんは母乳で栄養を摂っているので、飲み物や食べ物に気を使うようにしましょう。

生後3ヶ月から6ヶ月まで

生まれて3ヶ月から6ヶ月までも、基本的には母乳やミルクを優先して与えるようにしましょう。暑い時期やお風呂あがりで汗をたくさんかいてしまった後であれば、水分補給として白湯などを与えても問題はありません。しかし、離乳食がはじまるまでは、栄養と水分どちらも補給できる母乳やミルクを与えることが、赤ちゃんにとってはベストです。

また、生後3ヶ月頃からは果汁などを与えてもいいと言われていますが、4ヶ月頃までに果汁を与えると、食物アレルギーを引き起こす危険性もあります。よって、母乳やミルク以外であげるならば、軟水のお水や純水など無味無臭のお水がいいでしょう。

生後6ヶ月以降

生まれて6ヶ月以降は、徐々に離乳食もはじまります。離乳食がはじまるタイミングで、ミルクやお水以外にも飲み物を与えていきましょう。最初は、吸って飲むという動作以外で飲み物を飲むということに慣れていないため、むせたり舐めたりしかしないかもしれません。卒乳するための練習だと思って、スプーンで1杯ずつあげるようにして、少しずつ慣れさせましょう。

 

飲ませてもいい飲み物

飲み物であっても、アレルギーを発症してしまう恐れはあります。そのため、最初にミルク以外で与えるのは、お水にしましょう。お水から、徐々に飲み物に慣れさせていきます。

糖分の含む飲み物は、機能が完璧に発達していない赤ちゃんにとって、分解に時間と負担がかかります。そのため、お水以外の飲み物であれば、麦茶やほうじ茶など糖分がない飲み物を選んで与えましょう。ただし、お茶類は赤ちゃんの舌では苦味を感じる場合があります。一度嫌がってしまうと、なかなか飲んでくれないかもしれないので、薄味に作られている赤ちゃん用のお茶を用いてみましょう。また、お茶を与える場合に気をつけたいのは、カフェインが含まれているお茶です。烏龍茶や緑茶にはカフェインが含まれているので、1歳を過ぎてから与えるようにしましょう。

赤ちゃんが便秘の時には、果汁が効果的です。白湯で2~3倍ほどに薄めて少しの量を与えてみてください。果汁ジュースや野菜ジュースなどは、ベビー用でない限り1歳を超えてから与えてください。塩分や糖分が多すぎて、赤ちゃんに負担がかかります。

他にも、牛乳や豆乳といった飲み物は、カルシウムなど栄養が豊富に含まれているので飲ませたほうが良いのではないかと思いますが、1歳になるまで飲ませないようにしましょう。

6ヶ月から1歳までは、注意するべき飲み物が多いですが、基本的にベビー用の飲み物であれば、刺激が少なく負担にならないので、いろんな商品を見てみてもいいですね。

 

赤ちゃんが体調の悪い時

赤ちゃんが下痢や嘔吐、熱などを発症した際は、脱水症状が心配になります。そんなときは、経口補水液や赤ちゃん用のイオン飲料を飲ませてあげてください。水分と塩分を、バランスよく摂取できる飲み物が、発熱や脱水症状には効果的です。ただし、症状が重く脱水症状になりかけていたら、まずは病院に行き、お医者さんに診断してもらうことが最優先です。

 

ミルク以外の飲み物を飲んでくれない時

卒乳の練習と意気込んで、母乳やミルク以外の飲み物を与えようとしたら、赤ちゃんがなかなか飲んでくれないということも多々あります。はじめから上手に飲むは難しいので、赤ちゃんのペースに合わせてゆっくりと飲ませてみましょう。飲んでもらえないので、日をおいてチャレンジしたら、急に飲んでくれる場合もあります。無理に飲ませなくても、いずれは飲んでくれるようになりますので、心配し過ぎには注意です。

 

おわりに

赤ちゃんに母乳やミルク以外を飲ませるのは、生後6ヶ月を過ぎてからゆっくりと飲ませてあげましょう。はじめは味がなく、アレルギーの心配もないお水から徐々に慣れさせてあげてください。

売れ筋ランキング
コスモウォーター
うるのん(やわらか水)
アクアクララ
アーカイブ
カテゴリー
キーワード
Top