ウォーターサーバーでそのまま赤ちゃん用ミルクが作れる?

水道水で作る赤ちゃん用ミルクの正しい作り方とは

水道水で作る赤ちゃん用ミルクの正しい作り方とは
粉ミルクを作る際に、絶対に欠かせない材料は「水」です。震災以降、水道水に対して敏感になっている人も多いと思いますが、お水にお金をかける余裕が無かったり、買いだめしていたペットボトルが底をついたり、子育てをしていれば水道水で調乳することがあるはずです。

今回は、水道水でミルクを作ることは問題ないのかどうかを考えた上で、水道水で作る正しいミルクの作り方をご紹介します。

 

調乳するのに水道水を使用しても問題はないか

水道水には、塩素が含まれていたり、最近では放射性物質が含まれているのではないかと噂になったり、体に悪い物質が入っているイメージを持っている方は比較的多いのではないでしょうか。

しかし、日本全国に供給されている水道水は、世界中と比べても安全性が高く、安全に飲めるために厳しい検査と基準を乗り越えたお水のみが、ご家庭に届けられています。しかし、水道水の中には、消毒のために使われた塩素が残っている場合もあります。これを残留塩素といい、カルキ臭の原因となっています。

残留塩素は、基本的に害のないものとして扱われていますが、赤ちゃんにとっては負担となりかねません。大人と違い、赤ちゃんは体内の機能が未発達なので、上手に消化や分解ができないからです。

よって、水道水を使ってミルクを作る場合には、必ずカルキ抜きをしてあるお水を使うようにしましょう。逆に言えば、カルキ抜きしてあれば、問題なく調乳に使えるということです。

 

水道水でのミルクの作り方

水道水でミルクを作る場合、最初に行うことはカルキ抜きです。

まずはカルキを抜くために、やかんや鍋などに水道水を汲みます。その後は、蓋を閉めずに5分から10分程度沸騰させましょう。沸騰をさせるだけで、カルキは抜けていきます。また、同時に殺菌効果もあるので安心できるお湯の完成です。

沸騰した後のお湯は100℃を超えていて熱すぎるので、すぐにミルクに注いではいけません。だいたい70℃くらいになるまで冷まし、粉ミルクを入れた哺乳瓶に注ぎましょう。あまり冷ましすぎると、ミルクが溶けきらないなどの問題があるので注意してください。

粉ミルクが溶けきったら、哺乳瓶ごと水にさらして冷まします。ミルクの温度が人肌くらいの温かさになれば完成です。

作ってから2時間以上経ったミルクは赤ちゃんに与えないようにしましょう。雑菌が増殖してしまう危険性があるため、ミルクの作り置きや飲み残しのミルクを再度与えるのはおすすめできません。自らの手で赤ちゃんを危険な目に合わせないためにも、ミルクはできるだけ早く消費し、飲み残しは捨てるように心がけましょう。

 

さらに安心3つのポイント

赤ちゃんのために安心できるミルクを作るため、ミルク作りの3つのポイントを抑えましょう。

軟水のお水を選ぶ

ミルクを作るためのお水は、軟水を選びます。日本のお水は、ほとんどが軟水なのですが、海外のミネラルウォーターなどを購入してしまうと、実は硬水だったということもあります。赤ちゃんは、ミネラル分を処理する機能が未発達なので、硬度の高い硬水は内臓に負担がかかってしまいます。

また、ウォーターサーバーやミネラルウォーターの購入を考えている方は、軟水の中でも硬度が50以下の超軟水を選ぶことをおすすめします。

沸騰させる

水道水を使う場合はもちろん、ペットボトルの水を使う場合でも、念のため一度沸騰させたお水を使うようにしましょう。煮沸させることで、殺菌効果がある上に、水の粒子が細かくなるので内臓に負担をかけることのないまろやかなお水になります。

ウォーターサーバーを契約している場合は、わざわざ煮沸させる手間は省けます。ボトリングされているお水は、殺菌処理がすでに済んでいるものなので、そのまま温水コックから出てくるお湯を使っても問題ありません。

長時間の放置は厳禁

一度沸騰させたお水は、そのまま冷めさせても殺菌効果が続くというわけではありません。冷めていく過程で、時間が経つとともに雑菌はどんどん繁殖していきます。そのため、長時間放置した水を、ちょっと温めて使うということはやめましょう。

また、ミルクの作りおきももちろん厳禁です。赤ちゃんに与えるものは、作りたての新鮮なもののみにしましょう。

 

おわりに

頑張って生まれてきてくれた大切な赤ちゃんが、最初に食事として口にいれるものは、母乳か調乳したミルクです。母乳であれば、お母さん自身から出てくるものなので、そのまま与えられますが、粉ミルクはお湯を溶かして飲むもの。その材料となるお水の安全性は、親であれば誰もが気になってしまいますよね。

水道水を使うことは決して問題にはなりません。カルキ抜きをすることと、放置したものを与えないということを守れば、赤ちゃんが危険な目に合うことはないので、安心してミルクを与えてください。最後に、哺乳瓶の消毒も忘れずにしないと、元も子もないので気をつけてくださいね。

売れ筋ランキング
コスモウォーター
うるのん(やわらか水)
アクアクララ
アーカイブ
カテゴリー
キーワード
Top