ウォーターサーバーでそのまま赤ちゃん用ミルクが作れる?

ウォーターサーバーで赤ちゃんのミルクの作り方

ウォーターサーバーで赤ちゃんのミルクの作り方
赤ちゃんのミルク作りを便利にするという点で、ウォーターサーバーの導入を検討する人が多くなってきました。しかし、どのように便利なのか?を詳しく知っておきたいですよね。ここでは、ミルク作りにウォーターサーバーが良いとされる理由や、便利さをご紹介します。

ウォーターサーバーがおすすめの理由

高い安全性

親にとって、赤ちゃんはとても弱く感じるため、ミルクしか飲まない期間は特に口にするお水の安全性に気を使うと思います。母乳以外で飲ませるミルクは、主にお水を使って作る粉ミルク。日本の水道水は安全性が高いと言われていますが、最近では原発問題などで不安が頭をよぎってしまいます。また、水道水特有のカルキ臭で赤ちゃんがミルクを嫌がったり、水道管の汚れで家庭に届くお水が汚染されていたり、水道水のさまざまな問題がこの世の中には溢れかえっています。

そんな中、ウォーターサーバーのお水は、殺菌された天然水や、微生物を一切取り除いたRO水などを扱っているので、安全性が何よりも高いお水です。さらに各会社で、放射能検査結果や細かい成分表まで公開しているので、目に見える安心を提供してくれます。

簡単にミルクが作れる

通常、ミルクを作る際にはお湯を沸騰させ、熱いお湯で粉を溶かし、そこから人肌まで冷まして赤ちゃんに与えるという手順を踏みます。お腹が空いたと泣いている赤ちゃんをあやしながら、この手順で作ると親も大変ですし、赤ちゃんも一刻も早くミルクが欲しくて泣き続けてしまいます。そして赤ちゃんは、大人と違って1日3食では済みません。この大変な時間が1日に何度も繰り返されてしまうとなると、親もストレスが溜まったり育児に疲れてしまったりするかもしれません。

ウォーターサーバーの利点は、お湯と冷水がどちらもすぐに出るということ。普通ならお水を沸騰させることにより殺菌しなければいけませんが、ウォーターサーバーのお水はすでに不純物や微生物はすべて除去されています。よって、サーバーから出るお湯をそのまま使っても問題ありません。ウォーターサーバーでのミルクを作る場合は、哺乳瓶にいっぱいお湯をいれるのではなく、3分の2くらい入れてミルクを溶かします。そして、冷ますのに使うのは、サーバーから出る冷水です。熱いお湯と冷水を入れることで、ちょうどいい温度のミルクが完成します。

ウォーターサーバーからすぐに出てくるお湯と冷水を混ぜることで、時間のかかる手順を短縮できるということです。よって、お母さんも赤ちゃんもストレスなくミルクタイムが楽しめます。これが、ウォーターサーバーがミルク作りに便利な大きな理由でしょう。

 

ウォーターサーバーを使う注意点

ウォーターサーバーは、お湯も冷水も安全性の高いお水が使用されています。そのため、調乳にそのまま使っても何の問題もありません。しかし、注意してもらいたい点が1点あります。ウォーターサーバーのお水ではなく、ウォーターサーバー本体の汚れです。赤ちゃんのミルク用に使う場合には、定期的にセルフメンテナンスを怠らないようにしましょう。

ボトルの差込口や、お水の出てくる蛇口部分は特にお掃除が必要です。除菌シートや、綿棒などを駆使して、清潔なウォーターサーバーを保ちましょう。サーバーごとにメンテナンス方法は変わってきますので、説明書に目を通してお掃除をしてください。せっかくの安全なお水を、自分の手で汚してしまっては本末転倒です。敏感な赤ちゃんには、些細なことまで気を配る必要があります。赤ちゃんのためだと思って、お掃除をするように心がけましょう。

 

ウォーターサーバーでのミルクの作り方

最後に、もうちょっと詳しくウォーターサーバーでのミルクの作り方をご説明しましょう。

哺乳瓶にミルクとお湯を注ぐ

まずは哺乳瓶を用意し、適量のミルクを入れましょう。そこに、ウォーターサーバーの温水コックから出る温水を注ぎます。ミルクに必要な分のお水を目一杯入れるのではなく、だいたい3分の2くらいを入れます。

メーカーによって、温水の温度にばらつきはありますが、だいたい80度前後のものが多いです。調乳にベストとされているお湯の温度は、70度とされています。ミルク作り用に弱温水に設定できるウォーターサーバーもあるので、チェックしてみても良いかもしれません。

ミルクを溶かす

3分の2ほどお湯を入れたら、哺乳瓶にふたをして振りましょう。ミルク作り用のお湯だと通常の温度のお湯に比べて、少し時間がかかるかもしれませんが、よく振ることであっという間に粉ミルクは溶けていきます。

ガラスの哺乳瓶を使っている場合に気をつけて欲しいのは、お湯を入れて振ることで、哺乳瓶がとても熱くなることです。火傷には十分気をつけて、必要であればタオルを巻いて振って溶かしてください。

冷水を入れる

粉ミルクが十分に溶けたら、冷水を3分の1入れます。普通のお水を混ぜる場合は、殺菌しなければいけないのでそのまま入れるのはNGなのですが、ウォーターサーバーの冷水であれば殺菌は十分にされているので、問題ありません。

3分の2のお湯と、3分の1の冷水を混ぜあわせることで、通常のミルク作りの手順にある人肌まで冷ますという作業が省けます。これですぐにミルクを赤ちゃんに与えることができます。

 

おわりに

ウォーターサーバーを使えば、簡単にミルクが作れる上に安全なお水で作ったミルクを赤ちゃんにあげることができます。お母さんのストレスも不安も、ウォーターサーバーがあれば一気に解決できます。

何から何まで気を使わなくてはいけない育児の中で、楽をできる部分があればできるだけ取り入れたいお母さんはたくさんいるはずです。ミルク作りの手間を少しでも省いて、赤ちゃんとのふれあいの時間に回してみるのはいかがでしょうか。

売れ筋ランキング
コスモウォーター
うるのん(やわらか水)
アクアクララ
アーカイブ
カテゴリー
キーワード
Top