ウォーターサーバーでそのまま赤ちゃん用ミルクが作れる?

赤ちゃんがミルクを吐く理由と予防法

赤ちゃんがミルクを吐く理由と予防法
赤ちゃんにミルクをあげた後、急に吐いてしまったという経験は、育児をしたことのある人なら誰もが身に覚えがあるものです。しかし、可愛い我が子が急に嘔吐してしまうと、心配してしまうでしょう。

生まれたばかりの赤ちゃんは、あらゆる器官が未発達です。赤ちゃんの胃も未発達の器官の一つで、逆流しやすくなっています。そのため、ミルクを飲んだ後に吐くという現象が起きるのです。

吐いてしまうのが当たり前であっても、心配なものは心配ですし、赤ちゃんが吐いてしまう主な理由を知っていれば予防する余地はあります。また、病気の可能性がある吐き方も存在するので、いろいろと知識を入れておきましょう。

 

ミルクを吐く理由と予防の仕方

ミルクの量が多すぎる

赤ちゃんは、自分の胃がどのくらいまでミルクが入るかわかっていません。特に新生児の場合は、お腹いっぱいになるまでミルクを飲むというわけではなく、母乳を飲んで疲れたら飲むのをやめるというミルクの飲み方です。そのため、いつの間にか胃の許容量を超えて、気持ち悪くなって吐いてしまいます。誰でも食べ過ぎれば気持ち悪くなりますよね?赤ちゃんも同じで、飲み過ぎは吐き気に繋がるのです。

飲み過ぎを防ぐためには、与えるミルクや母乳の量をお母さんが調節することが一番です。ミルクであれば、赤ちゃんの成長日数に合わせた量を与えてください。母乳の場合は正確な量が測れないため、だいたい赤ちゃんがお腹いっぱいになるであろう時間を計測して、時間を目安に授乳しましょう。

 

ゲップが出ていない

赤ちゃんはミルクを飲む際に、空気も一緒に吸い込んでいます。取り込んだ空気を外にゲップとして出さないと、胃に溜め込んでいるミルクとともに空気が逆流してしまい、結果吐いてしまいます。

赤ちゃんは胃の筋力が弱いので、自力でゲップは出せません。そのため、ミルクを飲んだ後は背中をトントンと叩いてゲップを促してあげましょう。その際は、縦に抱いて肩に顔をもたれさせてあげるとゲップを出しやすいです。ただし、ゲップをする際に空気と一緒にミルクを出してしまう時もありますので、肩にタオル等を置いて汚れても大丈夫なように準備をしておきましょう。

 

母乳の勢いが強い

お母さんの母乳の量が多いと、吸った時に勢いよくでた母乳が一気に赤ちゃんの口に入り、むせてしまうこともあります。授乳間隔が空いてしまった時は、特に母乳の量が増えてしまうので、むせてしまうことが多いです。

母乳を勢いよくださないためには、授乳する前に母乳を搾っておきましょう。少し搾っておくと、赤ちゃんが飲むときに一気に母乳が出ないので、ちょうどいい出具合になります。母乳のみで育児をしている方にとって、最初の母乳を捨てるのはもったいないかもしれませんが、赤ちゃんを苦しませないためにも、割りきるのが大切です。

 

吐き方によっては病院へ

赤ちゃんは基本的に吐きやすいので、あまり問題はありません。しかし、勢いよく噴射するように吐いてしまったり、吐いたものが明らかにミルクではない色をしていたりする場合は注意が必要です。いつもと違う吐き方や色だった場合は、腸の病気や髄膜炎を引き起こしている可能性もあります。また、吐いた後に元気がない、ぐったりしている、などの症状があるときは風邪を引いている可能性もあります。

もしいつもと違う吐き方だった場合には、すぐに病院に行くようにしましょう。心配のしすぎは母体に毒ですが、自己判断は赤ちゃんを危険に晒す可能性があります。毎日赤ちゃんの様子をしっかりと見て、普段と違うと感じたら病院に行ったり電話したりしてみるといいかもしれません。

 

新生児はミルクを吐きやすい

赤ちゃんは、1歳頃になるとミルクを吐くのが治まってきます。しかし、生まれて3ヶ月ころまでは胃にフタがない状態で、ちょっと動いただけでも吐いてしまいます。口からミルクが垂れたり、勢い良く吐き出したり、吐き方もさまざま。初めて子育てをする方にとっては、本当にびっくりしてしまうかもしれませんが、赤ちゃんにとって吐くのは普通です。吐いた後、何事もなかったように元気にしていたら心配する必要はありません。

しかし、大丈夫と言われていても、あまりに赤ちゃんがミルクを吐いてしまうとどうしても不安になりますよね?吐いてしまった分、栄養が取れなくなってしまうのではないかとか、他の子に比べて成長が遅くなってしまうのではないかとか、心配は積み重なるものです。ただ、赤ちゃんの体重が少しずつでも増えているのであれば、しっかりと栄養も取れているし、ミルク不足ではありません。あまり深く悩まずに、ミルクの量を調整しながら授乳しましょう。

 

おわりに

赤ちゃんはいろんな機能が発達していません。そのため、ミルクを吐いてしまうのは自然のことです。しかし、吐いてしまうのが普通だとしても、お母さんにとっては不安要素の一つです。少しでも、ミルクを吐かないように、お母さんができることは行ってみましょう。お母さんの頑張りは、しっかり赤ちゃんにも伝わるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

売れ筋ランキング
コスモウォーター
うるのん(やわらか水)
アクアクララ
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    キーワード
    Top