ウォーターサーバーでそのまま赤ちゃん用ミルクが作れる?

赤ちゃんの離乳食、いつから始めていつ終わる?

赤ちゃんの離乳食、いつから始めていつ終わる?
生まれたての赤ちゃんは、母乳やミルクで栄養補給し、お腹を満たします。しかし、成長するためには大人と同じ食事がとれるように段階を踏まなければなりません。そこで必要なのが、離乳食期間です。少しずつ固形のものを食べられるようにすることで、私たち大人と同じ食事ができるように慣れさせます。

ここでは、赤ちゃんの離乳食を始める時期から、完了の時期までを説明します。

 

離乳食のはじまりから終わりまで

赤ちゃんが離乳食を開始させる時期は、だいたい生後5か月から6か月になった頃からです。赤ちゃんの首や腰がしっかりと据わり、スプーンを口に入れても舌で押し出さない状態になれば開始しましょう。ただし、離乳食を早めに開始させてしまうと、アレルギーの発症の危険性があるので、生まれてから5か月過ぎてからなど、だいたいの開始時期は決めておくといいでしょう。

赤ちゃんの成長速度によって、はじまりも完了も時期は異なってきますが、離乳食完了の目安としては1歳から1歳半だと思ってください。離乳食を終わらせていいかな?という赤ちゃんの状態は、ご飯を舌や歯茎などでしっかりと噛めるかどうかです。問題なく咀嚼することができるようになれば、大人と同じ食事にしても問題ありません。

 

離乳食の注意点

離乳食をすすめるにあたり、栄養を付けなきゃ、味付けは大丈夫かな?などあまり多くのことを考え過ぎないようにしましょう。離乳食初期であれば、味付けはほとんど必要ありません。むしろ、少しでも濃い味付けのものを与えてしまうと、腎臓など内臓に負担を掛けてしまう恐れがあります。初期のころは、食べ物を口に入れる練習くらいに考えて、美味しさにはこだわらなくても問題ありません。

また、離乳食を与える際は、胃に負担をかけないためにも、ゆっくり小さいスプーンで与えるようにしましょう。赤ちゃんは一気に大量の離乳食を食べても、すぐに消化することが出来ません。食事の時間は余裕をもってとり、焦らずに与えるように心がけてください。

栄養バランスを考えて、いろんな食材を取り入れた離乳食を作ろうと思っている方も多いと思いますが、あまり多くの食材を入れた離乳食は極力作らない方が賢明です。なぜなら、アレルギーを発症してしまった時、材料の特定が難しくなってしまうからです。1品~2品くらいで材料を決め、離乳食を作るようにしましょう。

 

期間別の離乳食まとめ

離乳食の開始時期と完了時期の目安はわかったと思います。しかし、最初から最後まで同じ離乳食を与えるわけではありません。期間ごとにどのような離乳食を与えるのがベストかを、期間を分けて見ていきましょう。

 

生後5・6か月

食事が母乳やミルクのみだった赤ちゃんが、離乳食を開始させる時期です。この時期は、離乳食を食べて栄養を付けるというよりは、液体以外の食事を覚えさせるということを目標に与えていきましょう。

首や腰が据わって、大人の食事に興味を持ち始めたら、離乳食開始の合図です。最初はご飯とお水を1:10くらいの割合ですりつぶした物をあげましょう。野菜であれば、細かく切って、さらにすりつぶしてペースト状にしたものを与えます。繊維質な野菜は、裏ごしも忘れずに行います。味付けは特にしなくても問題ありません。

離乳食を開始して1週間くらいは、ドロドロのおかゆを与えます。1週間が過ぎたら次は野菜のペースト、その3日後くらいにお豆腐などのたんぱく質を与えるような順番で進めていきます。

1ヶ月くらいは午前中に1日1回食事を離乳食にして、1ヶ月を過ぎた頃には1日2回に増やしていきます。離乳食以外の食事は、今までどおり母乳やミルクです。赤ちゃんの気分によって、食べる日や食べない日があると思いますので、焦らずに赤ちゃんのペースで食べさせてあげましょう。ただし、食べない場合も毎日離乳食の時間は作るようにしてください。そうすることで、赤ちゃんはご飯を食べることを覚えていきます。

 

生後7・8か月

離乳食を開始したばかりのときは、ペースト状で味が特にしないものに、少しずつ味付けをしていきましょう。ただし、調味料は微量にして大人からしたらほぼ味がしないくらいの味付けにします。この時期は、少しの味付けであっても、おいしさを理解して食べるということに興味が湧いてくるので、しっかり食べてくれる時期でもあります。もちろん、あまり食が進まない赤ちゃんもいるので、無理やり食べさせないように注意は必要です。

時期は生後7・8か月としていますが、離乳食をはじめてから2か月位経ってからを目安に進めていきます。この時期は、2か月のトレーニングを積んだことで、舌で少しずつ離乳食を押しつぶして食べることができるようになるので、ご飯とお水は1:7くらいのお粥にします。食べ物の固さの目安は、指でつまんで潰れるくらいがちょうどいいです。主食とおかずをバランスよく組み合わせて、お米とおかずを教えていきます。

離乳食を与える回数は、朝と夜の2回にしましょう。離乳食を食べるということは、赤ちゃんにとってとても体力を使います。なので、食べ終わったら疲れて寝てしまう赤ちゃんも多いそうです。

 

生後9か月~

食べ方が、丸呑みする感じではなくもぐもぐ口を動かすようになり、半分以上ご飯を食べられるようになったら、次の段階に進みましょう。この時期からは、お母さんからスプーンで与えられたものを口に入れるだけでなく、自分から手づかみでご飯を食べるように変化していきます。手や身のまわりが汚れてしまうことに気を使わずに、赤ちゃんが自ら食べるように見守るようにしましょう。

離乳食は、指でつまんで潰せるくらいの柔らかさを目安にしますが、赤ちゃんが歯茎を使って潰して食事することを考えて、熟したバナナくらいの固さにしましょう。大人用のお粥くらいの固さがちょうどいいです。手づかみで自ら食べる用なってくるので、食べやすさを考えて少し長めに茹でた野菜や、薄切りの果物などがおすすめです。

この時期から、回数は朝昼晩の3回食になり、大人と同じ時間に一緒に食べるようにしましょう。

 

1歳~1歳半

食材をしっかり噛んで食べるようになり、1歳を過ぎたくらいからは、離乳食はほとんど終わりです。舌や歯茎で食べ物をすりつぶすのではなく、歯で噛んで食べることができるようになったら、ご飯は大人と同じ白いご飯にしても問題ありません。

食事は大人と同じ内容になりますが、薄味に作るようにしましょう。ちょっと濃い目の味付けが好きな方は、赤ちゃん用に別で味付けをした食事を作って与えるのがベストです。

自分で食べるようにスプーンを与えてみると、進んで食べるようになるので、是非スプーンを渡してみてください。食べながら遊んでしまったり、好き嫌いや食べムラが出てしまったりと、お母さんは参ってしまいがちな時期ですが、頑張ってご飯のサポートをしてあげましょう。

 

おわりに

離乳食のはじまりから終わりまで、どのような期間でどんな離乳食を与えるかが少しずつ見えてきましたか?赤ちゃんのお腹が空いたら母乳やミルクを随時与えるのも大変ですが、離乳食もなかなか大変です。離乳食を作って与えてもなかなか食べてくれなかったり、昨日は食べたのに今日は食べてくれなかったり、赤ちゃんの機嫌に振り回されることで育児に疲れてしまうお母さんも多いです。あまり神経質になりすぎず、ほどよくベビーフードに頼るなど、赤ちゃんと自分の体調を見ながら、マイペースに進めていきましょう。

売れ筋ランキング
コスモウォーター
うるのん(やわらか水)
アクアクララ
アーカイブ
カテゴリー
キーワード
Top